Trilogy
Sisterology

ある姉妹の物語

姉キャサリンと私はアボカド果樹園で育ちました。 私たちはいつも互いに素晴らしい友人でしたが、学校を卒業した後、仕事でそれぞれ全く別の途を歩むことになりました。

多くの新しいアイディアと同じ様に私たちのストーリーもある発見から始まります。私は数年ロンドンで働いていましたが、いつも故郷に戻って自分で起業したいと思っていました。そしてついに思っていた通り、天然サプリメントや化粧品業界向けに植物から抽出した成分を製造する会社を立ち上げたのです。

“Rosehip oil was like no other cosmetic product Sarah or I had tried before...”

そしてここで願いどおりのものを見つけたのです。正確に言うと、ローズヒップの種から抽出したピュアなはちみつ色のローズヒップオイルです。肌に良い成分を豊富に含んでいることから、ローズヒップオイルは何世紀にもわたり肌の癒し、若返りに使われてきました。私はこのオイルからよりピュアな成分だけを抽出する方法を試行錯誤の末、見つけました。そしてその結果に驚きました。

姉キャサリンは長年ビューティジャーナリストとして働いてきました。そして私たちはお互いの異なったスキルを一つのビジネスで有効に利用できないかについて話すようになりました。私は彼女にローズヒップオイルのサンプルを渡し、意見を聞いてみました。

それは私たちが今まで試したものと全く違いました。自然に肌に吸収され、オイルにありがちな油っぽい感じが全くなく、肌をソフトでスムーズにするピュアでナチュラルで無香料なオイルです。数ヶ月間の試験と科学的なリサーチの後、我々はまさに夢中になってしまいました。

キャサリンと私はこれからの化粧品のスターを見つけた思いでした。その当時自然派スキンケアはまだ古い製法を使い、濃厚な香り、オイルのべたべたした感じがしました。消費者は、私たちと同じように、品質を犠牲にせず、ナチュラルで倫理にかなった選択をしたがっていると、キャサリンと私は思いました。受け入れられるチャンスがあることは明白でした。

私たちは素晴らしい原料を手にし、目の前には現代的なイメージチェンジを必要としているニッチ(隙間的な)市場がありました。何をなすべきかはわかっていました。こうしてトリロジーは生まれたのです。

サラ ギブス